AW-HR140

  • Audio IN端子を使用してマイク音声を入力しているが、音声が出力されない。あるいは音声が異常になる。

    取扱説明書のピンアサイン表示に誤りがありました。お詫びし訂正いたします。

    PDF:121ページ、 簡易版:48ページ

    誤ったピンアサイン表示に従ってマイクなどを接続すると音声が出力されない、あるいは異常になる、

    などの不具合となります。 (なお、このときマイクを損傷することはありません。)

     

    更新日 2017年8月

  • EXT端子を使用して、ウォッシャー用の水の噴出が制御できない。(水が出っぱなし、あるいは水が出なくなる)

    取扱説明書のピンアサイン表示に誤りがありました。お詫びし訂正いたします。

    PDF:121ページ、 簡易版:48ページ

    このため、誤ったピンアサイン表示に従ってウォッシャー制御を行うとポンプが常に動作状態になります。

    したがって当初水の噴出が続き、時間がたつと水が噴出されなくなるなどの不具合が起こります。 (なお、このときウォッシャー機器を損傷することはありません。)

     

    更新日 2017年8月

  • テレ端、ワイド端での水平/垂直画角は?

    水平: 60.2°(Wide端) ~ 3.3°(Tele端)

    垂直: 36.2°(Wide端) ~ 1.9°(Tele端)

     

    更新日 2017年9月

  • インテリジェント機能とは?

    屋外での変化に対応して、映像レベルや色温度を自動で補正する機能です。

    また、メニュー設定にて機能の制御項目を選択することが可能です。 

     • AEモード:アイリスで調整しきれないときに、ゲインの制御、シャッターの制御、及びNDフィルターの可変による自動露出を制御するモードです。 

     • AE+ATWモード:[AE]の制御に加えて、ATWも自動的に制御するモードです。

     

    更新日 2017年9月

  • 電源給電方法は?

    外部DC電源からの給電(*1)、またはPoE++HUB(*2)、またはPoE++インジェクターからの給電が可能です。   

     (*1)・・・<12V IN> XLRコネクター:DC 10.8V~21.6Vを入力してください。

     (*2)・・・PoE++規格対応(IEEE802.3bt Draft ver.2.0準拠)のHUB、またはPoE++インジェクターをご準備ください。

           *HUB、またはインジェクターが仕様を満たしていないときは、状態表示ランプは橙色で点灯し、動作しません。

            お使いのHUBが仕様をに合っているか、またはHUB側の設定をご確認ください。

    # 動作確認済PoE++ハブ

       • 品番 : GJ-ISG12HP8-19L (株式会社 グラスフィア ジャパン扱い)

    # 動作確認済PoE++インジェクター

       • 品番 : GV-PA901 (株式会社 GeoVision扱い)

     

    更新日 2017年9月

  • 外部DC電源とPoE++給電の両方を接続した場合は、どちらが優先されますか?

    外部DC電源が優先されます。

    両方を接続した状態から、外部DC電源を抜くと、カメラは自動で再起動し、その間映像も途切れます。

    また、PoE++HUB給電状態から、外部DC電源を入れた場合も、カメラは同様に再起動します。

     

    更新日 2017年9月

  • 動作確認済みの他社製品を教えてください。

    AW-HR140で動作確認済みの他社製品は以下の通りです。

     ♦  PoE++対応ハブ

        • 品番 : GJ-ISG12HP8-19L (株式会社 グラスフィア ジャパン扱い)

     ♦  PoE++対応インジェクター

        • 品番 : GV-PA901 (株式会社 GeoVision扱い)

     ♦  ウォッシャーユニット

       • 品番 : WAS-101AW (株式会社 ミカミ扱い)

     

    更新日 2017年9月

  • LANケーブルはストレート/クロスどちらを使うのでしょうか?

     • コントローラーと直接接続する場合:クロスケーブル(カテゴリー5以上 最大100m)

     • PoE++ハブ経由の場合:ストレートケーブル(カテゴリー5e以上、最大100m)

     • 通常(PoE++対応ではない)ハブ経由の場合:ストレートケーブル(カテゴリー5以上、最大100m)

     • シリアル接続の場合:ストレートケーブル(カテゴリー5以上、最大1000m)

     

    更新日 2017年9月

  • 対応OS、ブラウザについて

    対応OS、ブラウザについては、取扱説明書 【必要なパーソナルコンピューターの環境】頁を確認ください。

     

    更新日 2017年9月

  • 対応しているリモートコントローラーは?

    コントローラー:AW-RP50、AW-RP120に対応しています。

    各コントローラーは、AW-HR140に対応するためのバージョンアップが必要です。

    各コントローラーの最新フェームウェアは下記のサイトよりダウンロード可能です。

    (AW-RP50 : Ver4.00.00以上)

     https://eww.pass.panasonic.co.jp/pro-av/support/content/download/JP/jp2main/soft/upgrp50_j.htm

    (AW-RP120 : Ver3.00.00以上)

     https://eww.pass.panasonic.co.jp/pro-av/support/content/download/JP/jp2main/soft/upgrp120_j.htm

    (AK-HRP200 : Ver6.00-00-0.00以上)

     https://eww.pass.panasonic.co.jp/pro-av/support/content/download/JP/jp2main/soft/upghrp200_j.htm

     

    更新日 2017年9月

  • 赤外線リモコン(AW-RM50)での制御は可能ですか。

    赤外線リモコン(AW-RM50)からは制御できません。

    カメラに赤外線リモコン(AW-RM50)からの信号を受光するための機能を備えていません。

     

    更新日 2017年9月

  • 霧除去機能(Haze Reduction)とは?

    霧などが発生しやすい場所での設置に対して、撮影映像を見やすく補正する機能です。 (補正レベルは、3段階の選択が可能です)

        >   

     # 画像はイメージです。

     

    更新日 2017年9月

  • ワイパー、ヒーター、デフロスター、ウォッシャーは標準で装備されていますか。

    ワイパー、ヒーター、デフロスターは標準で搭載されています。

    ウォッシャーユニットは別売品になります。ウォッシャーユニット制御用に接点出力を搭載しています。

    詳しくは取扱説明書[施工説明付き]をご確認ください。

    # 動作確認済ウォッシャーユニット

        • 品番 : WAS-101AW  (株式会社ミカミ扱い)

     

    更新日 2017年9月

  • 音声入力端子の用途は?

    外部音声(ライン)入力用端子です。

    マイクなどレベルの異なる機器を接続する場合は、別途、アンプなどでレベルを合わせてください。

    (定格)

       • 入力インピーダンス:ハイインピーダンス

       • 入力:2ch、XLR平衡入力

       • 入力レベル:+4dBu/0dBu/-20dBu(カメラメニューにて選択可能)

     

    更新日 2017年9月

  • 標準プロトコルに対応していますか。

    対応しています。市販のコントローラーにRS-422で接続可能です。

    # デイジーチェーン接続には対応していません。

    # 屋外機能に関する制御をコントローラーで直接制御することはできません。  カメラメニューを設定して制御してください。

    # 標準プロトコルで制御できない機能については、取扱説明書 10ページをご確認ください

     

    更新日 2017年9月

  • カメラの状態を表すランプはどこにありますか。

    状態表示ランプは、カメラ裏側の端子面にあります。状態によって、次のように点灯します。

      橙色:スタンバイ状態(この時、カメラから映像は出力されません)

      緑色:電源ON時

      赤色:機器の異常時

     

    更新日 2017年9月

  • カメラ1台から配信されるIPストリーミングに対して、何台のPCからアクセスできますか。

    同時ににアクセスできるユーザーは最大14人までです。 

    但し、配信ビットレートなどの設定により、アクセスできるユーザー数が制限される場合があります。

     

    更新日 2017年9月

  • SDIとIPの同時出力は可能ですか。

    同時出力可能です。

     

    更新日 2017年9月

  • SDIとIPを同時出力した際に、音声の重畳は可能ですか。

    SDIとIPの同時重畳が可能です。

     

    更新日 2017年9月

  • 設定できるプライベートアドレスの範囲は?

    工場出荷時は、以下範囲での設定となります。 

    任意で設定する場合は、デフォルトゲートウェイ設定の第1~第3セグメントとIPアドレスを合わせて設定してください。

    工場出荷時】

      IPアドレス:192.168.0.10

      サブネットマスク:255.255.255.0

      デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

     # 使用できるIPアドレスは,192.168.0.2~192.168.0.254  

     

    【設定の例: 任意設定時】

      IPアドレス:192.168.2.20

      サブネットマスク:255.255.255.0

      デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

      # 使用できるIPアドレスは,192.168.2.2~192.168.2.254

     

    更新日 2017年9月

  • カメラを天吊り設置しているが、カメラのパン(左右)の移動範囲が±175°に移動しない。

    カメラは、事前に設置状態に合わせてメカニズム端点のピン位置を変更する必要があります。

    このピンの位置が設置状況と合っていない場合、パン(左右)の可動範囲が狭くなり、故障の原因となります。

     

    カメラの設置状態に合わせてメカニズミ端点のピンの位置を変更してください。

    詳細は、下記のマニュアル【AW-HE140-出力映像を天地逆にする】を確認ください。

      AW-HR140-出力映像を天地逆にする

     

    更新日 2017年9月

  • カメラを天井に取付けた。出力映像を天地逆にする方法は?

    カメラは設置状況に合わせて、メカニズム端点のピン位置の変更と、カメラメニューの設定変更が必要です。

    詳細は、下記のマニュアル【AW-HE140-出力映像を天地逆にする】を確認ください。

      AW-HR140-出力映像を天地逆にする

     

    更新日 2017年9月

  • 電源ON時のカメラの画角を指定して立ち上げることは可能ですか。

    可能です。

    AW-HR140は[スタンバイモード]移行時に、現在のパン、チルト、ズーム、フォーカス、アイリス値(*)を記憶します。(POWER ON プリセット機能)

    (*)フォーカス、アイリス値は、マニュアル設定のときのみ有効

    変更したい画角にパン、チルト、ズームを調整し、コントローラーからカメラの電源を[スタンバイモード]にしてください。

    次回電源ONする際、POWER ON プリセット機能が働き、スタンバイモード移行時の画角に、パン、チルト、ズームが移動されます。

     

    従って、毎回コントローラーで電源を[スタンバイモード]にする場合は、毎回所定の画角に設定してから電源を[スタンバイモード]にするようにしてください。

    外部電源などで通電が切れた場合は、設定した画角が反映されず、次回電源ONする際、前回[スタンバイモード]移行時に記憶した画角に移動します。

     

    更新日 2017年9月

  • フォーカスをマニュアルで操作したい。

    カメラメニュー : System > Others > Other2/5 > Focus Mode ⇒ [Manual]に設定する  *初期設定値:[Auto]

     # AW-RP50/AW-RP120をお使いの場合:AW-RP50/AW-RP120のフロントパネル上の”FOCUS AUTO”ボタンを押し、消灯させるとマニュアルでの操作が可能となります。

     • Focus Modeが[Manual]の時、”Focus ADJ With PTZ”の設定を変更することができます。      

     

    *”Focus ADJ With PTZ”設定とは?

    パン、チルト、ズーム操作時にフォーカスがずれた場合に、フォーカスのずれを補正する機能です。

    フォーカスを完全にマニュアルで操作する場合は、この設定を[Off]にしてくだい。 *初期設定値:[Off]

     

    更新日 2017年9月

  • アイリスをマニュアルで操作したい。

    カメラメニュー : Camera > Brightness > Brightness1/2 > Iris Mode ⇒ [Manual]  *初期設定値:[Auto]

    # AW-RP50/AW-RP120をお使いの場合:AW-RP50/AW-RP120のフロントパネル上の”IRIS AUTO”ボタンを押し消灯させるとマニュアルでの操作が可能となります。

     

    更新日 2017年9月

  • カメラのOSD(オンスクリーンメニュー)表示は、SDI1、2共に表示可能ですか。

    カメラのOSD(オンスクリーンメニュー)は、SDI1出力のみ表示可能です。

     

    更新日 2017年9月

  • デジタルズームをかけた上で、更にエクステンダーズームを行なうことは可能ですか。

    できません。 エクステンダーズームは、光学ズームの範囲内で有効になります。

     

    更新日 2017年9月

  • プリセットメモリーを呼び出す際、指定した項目のみ呼び出したい。

    Preset Scope設定によって、プリセットメモリーを再生したときに呼び出す項目を選択します。  

    カメラメニュー > System > Other > Other1/4 > Preset Scope ⇒ [Mode A /B /C] *初期設定値:[Mode A]

      • ModeA : Pan、Tilt、Zoom(デジタルズーム含む)、Focus、Iris、Gain、ホワイトバランス調整値

      • ModeB : Pan、Tilt、Zoom(デジタルズーム含む)、Focus、Iris

      • ModeC : Pan、Tilt、Zoom(デジタルズーム含む)、Focus

     

    # AW-RP50からの操作 : MENU > [9]SETUP > [5]PRESET > 3.Scope ⇒ [ModeA/B/C]

    # AW-RP120からの操作 : [MEM SETTIN]ボタン > SCOPE ⇒ [MODE A/B/C]

     

    更新日 2017年9月

  • パソコンや携帯端末から本機にアクセスできるユーザーを制限することは可能ですか。

    "Web設定画面のユーザー管理画面にて、ユーザー登録、認証設定をおこなうことで、パソコンや携帯端末から本機にアクセスできるユーザーを制限することができます。

     • 認証設定後、Web画面にアクセスすると、ユーザー名、パスワード認証画面が表示され、認証の取れたユーザーのみが本機にアクセスできるようになります。

    # セキュリティーを確保するため、ユーザー名が「admin」のパスワードは必ず変更してください。また、パスワードは定期的に変更することをお勧めします。

    (設定方法)

      (1) Web設定画面[Setup]へログインする

      (2) ユーザー管理画面[User mng.]の[User auth.]タブをクリックする

      (3) ユーザー認証[User auth.]設定を[On]選択後、[Set]ボタン押し確定する

      この設定により、登録されているユーザーのみが本機にアクセスできるようになります。

     

    (新規ユーザーの登録方法 *最大登録可能ユーザー数:18ユーザー)

     # ユーザー名(User name)、パスワード(Password)を入力し、アクセスレベル(Access level)(* 1)を選択し[Set]ボタンを押し確定する

     # ユーザーの確認(User check)のプルダウンメニューを開いて登録されているユーザーを確認できます。

     * 登録ユーザーは「登録したユーザー名[アクセスレベル]」で表示されます。

     * 登録ユーザーを削除するには、削除するユーザーを選択し、右側にある[Delete]ボタンをクリックします。

    (* 1)アクセスレベル(Access level)について

    ユーザーのアクセスレベルを次の中から設定できます。

      • [1]Administrator ・・・ 本機のすべての操作ができます

      • [2]Camera control ・・・ 画面表示、本機の操作ができます。本機の設定はできません

      • [3]Live only ・・・ ライブ画面の表示のみできます。本機の操作、設定はできません

     

    更新日 2017年9月

  • WebのLive画面にて[H.264]の選択肢が表示されない。[JPEG]のみが表示される。

    WebのLive画面で[H.264]の選択肢が表示されない原因としては以下のことが考えられます。カメラの設定やお使いのPC環境をご確認ください。

     • H.264 transmission(H.264画像を配信するかどうかの)設定を[Off]に設定している場合  * 初期設定値[On]  

     

     • Mac(Safari)を使用している場合 

    [H.264]画像表示は、Windows Internet Explorerのみに対応(*1)しています。  

    お使いのPCがMacの場合は、[H.264]は表示されません。 [JPEG]のみの表示となります。  

    (*1)Windowsのみ利用可能な機能には、取扱説明書に  マークを付けて記載しています。

     詳しくは、各機種の取扱説明書をご確認ください。

     

     • Google Chromeなど対応していないウェブブラウザーを使用していませんか。

    [H.264]画像の表示は、Windows Internet Explorerのみに対応しています。

    *OS/Webブラウザーの動作確認状況につきましては、取扱説明書「必要なパーソナルコンピュータの環境」をご確認ください 

     

     • iPadなどの携帯端末は[H.264]画像は表示されません。 [JPEG]のみを表示します。

     

    更新日 2017年9月

  • ONVIF(Open Network Video Interface Forum)に対応していますか。

    ONVIFには対応していません。

     

    更新日 2017年9月