Linux / Ubuntu18.04 LTS   AK-SFC101 Framing Control Software ダウンロード
 Framing Control Softwareは、Ubuntu 18.04LTS上で動作するアプリケーションソフトウェアです。本ソフトウェアを使って、8Kマルチカメラシステムを構成する機器の設定や切出し制御の設定ができます。

Framing Control Software Ver.2.0.0 

  

2020年4月 機能を拡張しました。 
  1. VariZoom社製コントローラー VariZoom Panbar(VZCP-T12-PANA)に対応
  2. タリー機能対応
  3. プリセット機能対応
  4. PTZカメラ(AW-UE150)を切り出し枠の連動機能に使用可能
  • 「Framing Control Software」ならびに補助ツール「焦点距離・俯角設定アプリ」がダウンロードできます。
  • Framing Control Softwareをご利用いただくには、別途キーコードを購入して、アクティベーション※を行う必要があります。※アクティベーションとは、ライセンスを弊社サーバーに登録し機能を有効化する手続きです。
 

Framing Control Software 概要

8KマルチパーパスカメラAK-SHB800とIPU AK-SHU800を使用し、8K映像から4箇所のHD映像を切出すことが出来ます。
Framing Control Softwareは、この切出しHD映像の位置等の制御を行うためのアプリケーションソフトウェアです。本アプリケーションソフトウェアを搭載しているパーソナルコンピュータ(PC)とイーサネットで接続することでAK-SHU800へ制御コマンドを通知します。

システム構成例

   推奨パーソナルコンピュータ構成

パーソナルコンピュータ HP, Z4G4
CPU Intel, Xeon W-2102
メモリ DDR4 8GB(2666MHz, ECC, Registered)
SDIキャプチャボード BlackMagic, DeckLink Duo2 (4ポート) または BlackMagic, DeckLink Quad2 (8ポート)
ジョイスティックコントローラー PXN-2113
グラフィックボード NVIDIA, Quadro P400 2GB
オペレーティングシステム Linux, Ubuntu18.04 LTS

 焦点距離・俯角設定アプリ(補助ツール)

IPU(AK-SHU800)では8K映像からHD映像を切出す際の信号処理にて、レンズの焦点距離およびカメラの俯角情報を計算に用います。通常は、焦点距離および俯角情報はIPU内で自動的に取得しますが、レンズに依っては焦点距離を自動で取得できないものもあります。
本アプリではIPU内で計算に用いている焦点距離および俯角情報の確認、設定を行うことが出来ます。


  AK-SFC101 操作説明書


Language : English