スタンドアローン Web アプリ  AW-SF100 自動追尾ソフトウェア ダウンロード
 
 本ソフトウェアは、当社インテグレーテッドカメラを使って対象の追尾をアシストするシステムです。
インテグレーテッドカメラから送付される映像を、テンプレートマッチングと動き検出および顔認証により、追尾対象を自動で検出し、対象の動きにあわせてカメラを制御することができます。Ver.4 以降(64bit版) では、ディープラーニングによる検出も可能です。
  • スタンドアローン版:お使いのPCにインストールする事でご使用頂けます。
  • Webアプリ版:PCにインストールする事でサーバーPCとして使用可能になります。特定のブラウザ(Google Chrome)でサーバーPCにアクセスする事で、ネットワーク上から本ソフトウェアを起動できます。

Windows PC用スタンドアローン 64bit版
自動追尾ソフトウェア Ver.4.3

  

2019年8月   Web Application: 4.3.8, Tracking Control: 4.3.8, Auto Tracking Lib: 4.3.14
   Version 4.3.7 をWindowsの特定の言語設定で実行すると、ソフトウェアが起動しない不具合があり、修正しました。
2019年7月   Web Application: 4.3.7, Tracking Control: 4.3.7, Auto Tracking Lib: 4.3.14
   ディープラーニング機能のシステム要件に、TuringアーキテクチャのGPUを追加。操作性の向上。AW-HE75をサポート

ディープラーニングによる検出で最高の追尾性能を得るには、NVIDIA製GPU (Graphic Processing Unit)の搭載ならびに同CUDA Toolkitのインストールが必要です。
NVIDIA製GPUが搭載されていないPCでもディープラーニングによる検出は使用できますが、ディープラーニングを最大限に活かした追尾性能を発揮することはできません。
  • 本ソフトウェアは、オペレータによる補正作業ができる環境にてご使用ください。
  • 30日間 無償試用期間
     本ソフトウェアは30日間の無償試用期間があります。
    ソフトウェアの注意事項をご確認頂き、お客様の使用環境で動作を確認の上、継続して利用される場合は AW-SF100 (自動追尾ソフトウェアキー) をご購入ください。

・ 対象機種    AW-UE150, AW-UE70, AW-HE70, AW-HE130, AW-HE75, AW-RP50 (Ver3.21以上), AW-RP120 (Ver2.31以上)
    インテグレーテッドカメラのファームウェアは最新版にてご使用ください。

 AW-SF100 操作説明書

Webアプリ 64bit版 
自動追尾ソフトウェア Ver.4.3 

  

2019年7月   Web Application: 4.3.7, Tracking Control: 4.3.7, Auto Tracking Lib: 4.3.14
   ディープラーニング機能のシステム要件に、TuringアーキテクチャのGPUを追加。操作性の向上。AW-HE75をサポート

※ディープラーニングによる検出で最高の追尾性能を得るには、NVIDIA製GPU (Graphic Processing Unit)の搭載ならびに同CUDA Toolkitのインストールが必要です。
NVIDIA製GPUが搭載されていないPCでもディープラーニングによる検出は使用できますが、ディープラーニングを最大限に活かした追尾性能を発揮することはできません。
  • 本ソフトウェアは、オペレータによる補正作業ができる環境にてご使用ください。
  • 30日間 無償試用期間
     本ソフトウェアは30日間の無償試用期間があります。
    ソフトウェアの注意事項をご確認頂き、お客様の使用環境で動作を確認の上、継続して利用される場合は AW-SF100 (自動追尾ソフトウェアキー) をご購入ください。

・ 対象機種    AW-UE150, AW-UE70, AW-HE70, AW-HE130, AW-HE75, AW-RP50 (Ver3.21以上), AW-RP120 (Ver2.31以上)
    インテグレーテッドカメラのファームウェアは最新版にてご使用ください。

・ 本ソフトウェアの動作には Google Chrome のインストールが必要です。

 AW-SF100 操作説明書

Windows PC用スタンドアローン32bit版
自動追尾ソフトウェア Ver.4

  

2019年3月   Web Application: 4.2.14, Tracking Control: 4.1.20, Auto Tracking Lib: 4.1.18
   操作性の向上。AW-UE150をサポート
  • 本ソフトウェアは、オペレータによる補正作業ができる環境にてご使用ください。
  • 30日間 無償試用期間
     本ソフトウェアは30日間の無償試用期間があります。
    ソフトウェアの注意事項をご確認頂き、お客様の使用環境で動作を確認の上、継続して利用される場合は AW-SF100 (自動追尾ソフトウェアキー) をご購入ください。

・ 対象機種    AW-UE150, AW-UE70, AW-HE70, AW-HE130, AW-RP50 (Ver3.21以上), AW-RP120 (Ver2.31以上)
    インテグレーテッドカメラのファームウェアは最新版にてご使用ください。

Webアプリ 32bit版 
自動追尾ソフトウェア Ver.4 

  

2019年3月   Web Application: 4.2.14, Tracking Control: 4.1.20, Auto Tracking Lib: 4.1.18
   操作性の向上。AW-UE150をサポート
  • 本ソフトウェアは、オペレータによる補正作業ができる環境にてご使用ください。
  • 30日間 無償試用期間
     本ソフトウェアは30日間の無償試用期間があります。
    ソフトウェアの注意事項をご確認頂き、お客様の使用環境で動作を確認の上、継続して利用される場合は AW-SF100 (自動追尾ソフトウェアキー) をご購入ください。

・ 対象機種    AW-UE150, AW-UE70, AW-HE70, AW-HE130, AW-RP50 (Ver3.21以上), AW-RP120 (Ver2.31以上)
    インテグレーテッドカメラのファームウェアは最新版にてご使用ください。

・ 本ソフトウェアの動作には Google Chrome のインストールが必要です。

 

リリースノート

  • 2019/08/30
  •  Ver.4.3.8 スタンドアローン64bit版のみ更新
  • AW-SF100 (version 4.3.7) をWindowsの特定の言語設定で実行すると、ソフトウェアが起動しない不具合がありました。この不具合を修正しました。 *なお、この現象はドイツ語環境のWindowsで確認できましたが、日本語、英語中国語のWindowsでは発生しませんでした。
  •  
  • 2019/07/18
  •  Ver.4.3.7  64bit版のみ更新。ディープラーニング使用時のシステム要件を拡張。ならびに操作性を向上しました。
  •  
  • <64bit版 主な仕様変更>
  • 1. ディープラーニング機能のシステム要件に以下のGPUを追加※
        NVIDIA GeForce RTX 2060以上
        NVIDIA GeForce GTX 1050Ti にも対応(従来は1070以上)
  • 2. サポート対象カメラにAW-HE75を追加
  • 3. キーボードショートカット機能を追加
  • 4. 顔が規定時間検出されない場合に追尾をはずす設定を追加
  • 5. 追尾時のカメラのPan/Tilt動作を改善
  • 6. GUIの表示を改善
  •  ※ディープラーニングによる検出で最高の追尾性能を得るには、
  • NVIDIA製GPU (Graphic Processing Unit)の搭載ならびに同CUDA Toolkitのインストールが必要です。
    NVIDIA製GPUが搭載されていないPCでもディープラーニングによる検出は使用できますが、
  • ディープラーニングを最大限に活かした追尾性能を発揮することはできません。

過去の更新履歴

  • 2019/03/18
  •  Ver.4  64bit版にディープラーニングにより人体検知の精度を向上。ならびに操作性を向上しました。
  •  
  • <主な仕様変更>
  • 1. 64bit版には、ディープラーニングによるアルゴリズムを採用し、人体検知の精度を向上※
  • 2. サポート対象カメラにAW-UE150を追加
  • 3. GUIを一新し、操作性を向上
  • 4. H.264ストリームからカメラ映像を取得する機能を追加
  • 5. 登録した複数の顔データのいずれかを検出し、追尾開始する機能を追加
  •  ※ディープラーニングによる検出で最高の追尾性能を得るには、
  • NVIDIA製GPU (Graphic Processing Unit)の搭載ならびに同CUDA Toolkitのインストールが必要です。
    NVIDIA製GPUが搭載されていないPCでもディープラーニングによる検出は使用できますが、
  • ディープラーニングを最大限に活かした追尾性能を発揮することはできません。
お断り
本システムは講義収録の講師など、ひとつの対象を検出・追従することを想定しており、複数の対象の中からひとつを追尾すること、及び、カメラアングル内に複数の移動物があることは想定されておりません

本システム使用時は、誤検出時の対応などのため、オペレータによる補正作業ができる環境にてご使用ください。
1.画像処理を使用しているため、対象の誤検出が発生することがあります。
2.撮影環境(カメラアングル、距離、速度)によっては追従できなくなる(追尾対象をロストする)ことがあります。
3.追尾対象の誤検出、ロストすることがあります。


動作環境

• 必要スペック
Core i5-3320M (2.60 GHz)以上
Memory: 4GB以上
ディスプレイ: 1600x900以上
OS
 Windows 7 Professional (SP1), Ultimate (SP1) 32bit/64bit
 Windows 8.1 32bit/64bit
 Windows 10 32bit/64bit

• 64bit版 ディープラーニングによる人体検出を行う場合
  GPU(Graphic Processing Unit)
    NVIDIA 製GPU
     Pascal アーキテクチャ
        NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 以上
        NVIDIA Quadro P2000 以上
     Turing アーキテクチャ
        NVIDIA GeForce RTX 2060 以上
   (もしくは  物理4コア以上のCore i7 CPU)

   * Turing アーキテクチャのGPU (GeForce RTX) を使用する場合、
   OS はWindows10 をご使用ください。
   * GPUドライバーはNVIDIAのHPより最新版をダウンロードしインストールしてください。

• 推奨スペック
CPU: Core i7-4710MQ(2.50 GHz)以上
Memory: 8GB以上
ディスプレイ: 1920x1080以上
OS
 Windows 7 Professional (SP1), Ultimate (SP1) 64bit
 Windows 8.1 64bit
 Windows 10 64bit

WEBブラウザー(WEB アプリ版のみ)
Google Chrome

リモートカメラ
パナソニック製インテグレーテッドカメラ
AW-UE150
AW-UE70
AW-HE130
AW-HE70
AW-HE75



Language : English